読み:たなどり

底取り仕掛を投入して魚のいる所(遊泳層)にあわせる事。
タナ合わせとも言う
クロダイの浮きフカセ釣りを例に挙げると、クロダイのタナは、ほぼ底近くなので、
必然的に仕掛は底に行くように流すことになる。
この時仕掛けが底に入るように調節することを棚取り(タナ合わせ)と言う。
クロダイのフカセ仕掛けはこちら
黒鯛の棚の合わせ方はこちら

https://i2.wp.com/fishingterm.fish-trap.net/wp/wp-content/uploads/2007/10/tana.jpg?fit=386%2C467&ssl=1https://i2.wp.com/fishingterm.fish-trap.net/wp/wp-content/uploads/2007/10/tana.jpg?resize=150%2C150&ssl=1JUNた行の釣り用語磯釣り用語船・ボート釣り用語餌釣り用語釣り,用語,棚取り読み:たなどり 仕掛を投入して魚のいる所(遊泳層)にあわせる事。 タナ合わせとも言う クロダイの浮きフカセ釣りを例に挙げると、クロダイのタナは、ほぼ底近くなので、 必然的に仕掛は底に行くように流すことになる。 この時仕掛けが底に入るように調節することを棚取り(タナ合わせ)と言う。 クロダイのフカセ仕掛けはこちら 黒鯛の棚の合わせ方はこちら海釣り、投げ釣り、磯釣り、渓流釣り、ルアー、フライ、ボートの釣りに関する用語集