gs

読み:したまき(いと)

下巻きリール(スプール)に新しく糸を巻く場合に、糸巻きの量を調整する為にメインラインの下に巻く糸。
ルアーではバッキングラインと言う。
リールにより巻ける糸の適正量があるので、それを調整する役目で使用する。
例えばPE3号が300m巻けるスプールに新しいラインがPE3号を200mしか無い場合、
そのまま200mをスプールに巻き取ると、リールの糸巻き適正量よりかなり内側に巻かれてしまう。
そのような場合にPE3号と同等の太さの下巻き糸を100m最初に巻いてから
新たに新品のPE3号を200m巻くようにする。

https://i1.wp.com/fishingterm.fish-trap.net/wp/wp-content/uploads/2007/11/lb-reel.jpg?fit=425%2C640&ssl=1https://i1.wp.com/fishingterm.fish-trap.net/wp/wp-content/uploads/2007/11/lb-reel.jpg?resize=150%2C150&ssl=1JUNさ行の釣り用語フライフィッシング用語ルアー用語磯釣り用語船・ボート釣り用語餌釣り用語釣り,用語,リール,下巻き,下巻き糸読み:したまき(いと) リール(スプール)に新しく糸を巻く場合に、糸巻きの量を調整する為にメインラインの下に巻く糸。 ルアーではバッキングラインと言う。 リールにより巻ける糸の適正量があるので、それを調整する役目で使用する。 例えばPE3号が300m巻けるスプールに新しいラインがPE3号を200mしか無い場合、 そのまま200mをスプールに巻き取ると、リールの糸巻き適正量よりかなり内側に巻かれてしまう。 そのような場合にPE3号と同等の太さの下巻き糸を100m最初に巻いてから 新たに新品のPE3号を200m巻くようにする。海釣り、投げ釣り、磯釣り、渓流釣り、ルアー、フライ、ボートの釣りに関する用語集