gs

まごばり

ヒラメ仕掛けバラシを防止するため、1本のハリスに2本の釣り針を結んだ物。
アジやイワシなどの活き餌を使用するときに使う。
図はヒラメの仕掛け


孫針幹糸(モトス)に近い部分の針を親針、末端を孫針と言う。
ヒラメ釣りでは活きイワシや活きアジを餌にしてこの様な仕掛けで釣る。
親針を活きイワシなどの鼻、又は下顎から刺し、孫針を背鰭や肛門付近に刺す。
孫針を使う事で、活き餌の後ろから食ってきた魚を掛ける事が出来る仕組み。
通常孫針は親針よりも小さいものを使用する。

https://i2.wp.com/fishingterm.fish-trap.net/wp/wp-content/uploads/2007/09/magobari.jpg?fit=383%2C210&ssl=1https://i2.wp.com/fishingterm.fish-trap.net/wp/wp-content/uploads/2007/09/magobari.jpg?resize=150%2C150&ssl=1JUNま行の釣り用語船・ボート釣り用語餌釣り用語釣り,用語,船釣り,ヒラメ釣り,孫針,親針まごばり バラシを防止するため、1本のハリスに2本の釣り針を結んだ物。 アジやイワシなどの活き餌を使用するときに使う。 図はヒラメの仕掛け 幹糸(モトス)に近い部分の針を親針、末端を孫針と言う。 ヒラメ釣りでは活きイワシや活きアジを餌にしてこの様な仕掛けで釣る。 親針を活きイワシなどの鼻、又は下顎から刺し、孫針を背鰭や肛門付近に刺す。 孫針を使う事で、活き餌の後ろから食ってきた魚を掛ける事が出来る仕組み。 通常孫針は親針よりも小さいものを使用する。海釣り、投げ釣り、磯釣り、渓流釣り、ルアー、フライ、ボートの釣りに関する用語集